2007年09月03日

乳幼児の英語

言葉を知らない赤ちゃんは、大人たちがしゃべる言葉は伝達する手段ではなくただの なのです。
日本語も英語も関係ありません。

赤ちゃんは成長と共にアーアーウーウー声を発するようになります。これを喃語(ナンゴ)と言いますが、これは世界共通の音とも言われています。どの国の赤ちゃん達も同じような音を発するのです。

そこから自分が使う言葉の音を身に付け、それ以外の音は聞き分けできないようになっていきます。

外国語を始めるのは、年齢が低ければ低いほど良いと言われる理由の一つです。


ここ2日間、ちょっと堅苦しい話になってしまいましたが、わかりましたか?
ママの英語嫌いのせいで、子供の可能性を台無しにしてはいけませんよexclamation×2


↓ポチッとお願いします m(_ _)m
blog ranking.gif
posted by ピカピカママ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 乳幼児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 乳幼児乳幼児(にゅうようじ)は、乳児、幼児を合わせた呼び名。乳児は児童福祉法では、生後0日から満1歳未満までの子をいい、幼児は、満1歳から小学校就学までの子のことをいう。関連項目新生児保育乳幼児突然死..
Weblog: 子供の遊び・文学いろいろ
Tracked: 2007-09-30 06:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。