2008年07月29日

インターナショナルプリスクール

今日、近所のインターナショナルプリスクール(保育園)の無料体験に行ってきました!

しばらくは、誰にも預けずに子育てを頑張るつもりでしたが、基本的に日中は、私とちーの二人だけの生活。

お互い退屈してしまうこともしばしば。

そこで、最近ちーにもっと刺激を受けてほしいと思うようになり、保育園も考え始めました。

見つけたのが、週2回の4時間だけ預かってくれるコースのある、インターナショナルプリスクールexclamation

アメリカ人の先生は、全て英語でみんなに語りかけていました演劇

0歳6ヶ月くらいから、通っている子は1歳半くらいには、ほとんど理解できるとのこと。
実際、先生ときちんとやりとりができているではないか!!

このくらいになると、家でも突然英語を話し出すらしいんです。

で、ママがおろおろしてしまって答えられないことが続くと、子供は自然に通じない人には英語を話さなくなるとかならないとかもうやだ〜(悲しい顔)

子供をインターナショナルに入れてただけで、「うちでは英語教育をしてるんだ」って安心しててはダメ!!!!!

ママも一緒に勉強してかなきゃ〜ひらめき

子供と一緒に上達できたら嬉しいですよねるんるん


↓↓ポチッとお願いします m(_ _)m
blog ranking.gif
posted by ピカピカママ at 01:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 乳幼児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

英語筋肉

〜日本語と英語の発音の仕方の違いについて〜

日本語は基本的に口をに動かして発音することが多い言葉です。

それに対し、英語は

また、日本語は、英語に比べて口の筋肉を動かさずにしゃべれます。

英語は、口を大きく開いたり閉じたり、舌を奥に引いたり、歯の後ろやに動かしたり挟んだり・・・
これが英語筋肉と呼ばれるもので、それで音を出しています。

成長した日本人は、この英語筋肉の使い方の習得が難しいために、英語の音の真似も難しいと言われます。

口を縦のまま、あまり動かさずキスマーク
つまり基本を変えずに英語をしゃべるから、
日本語英語になってしまうんですふらふら

英語筋肉を身に付けられるのも、早期英語教育のメリットですぴかぴか(新しい)


↓↓ポチッとお願いします m(_ _)m
blog ranking.gif



posted by ピカピカママ at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳幼児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

才能低減の法則

才能低減の法則ってご存知ですか?

@教育は早く始めるほど高い能力が育つ。
A才能が伸びる可能性は年齢とともに急速に減っていく。

このふたつが要約された言葉です。

仕組みは解明されていませんが、結果だけがはっきりしてきたそうです。

「下の子の伸びは早い」とよく言われます。

お兄ちゃんやお姉ちゃんが行っているピアノ教室に、弟や妹が一緒に行くとします。

そばで遊んでいるだけですが、耳を通してのリズムやメロディーの訓練としては、早い時期からの教育と言えます。

そのうち「ぼくもやる!」「私も!」と言い出し、激しい模倣癖によって、上の子のペースについてこようとします。

早期教育が自然にされているわけなので、やってみると、上の子よりも上達が早いという結果になるのです。

これが才能低減の法則の大きな裏づけの一つとされています。


「IQ200天才児は母親しだい!」
著者 松村秀信 吉木稔朗
コスモトゥーワン
より一部抜粋


早期教育はやはり重要なようですね。


↓↓ポチッとお願いします m(_ _)m
blog ranking.gif
タグ:早期教育
posted by ピカピカママ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 乳幼児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

絵本は大事

本はどーんなことにも役に立つはずです。

読解力がなければ、算数も理科も社会もできません。

読ませて損はないはずexclamation×2

日本語でも英語でもいいので、1日1冊は必須です手(グー)

ちなみにうちのチーは、ノンタンが大のお気に入りハート

私はミッキーの英語の絵本を見せたいのですが、自分から興味を示すまで我慢我慢ダッシュ(走り出すさま)


↓↓ポチッとお願いします m(_ _)m
blog ranking.gif
タグ:絵本
posted by ピカピカママ at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳幼児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

乳幼児の英語

言葉を知らない赤ちゃんは、大人たちがしゃべる言葉は伝達する手段ではなくただの なのです。
日本語も英語も関係ありません。

赤ちゃんは成長と共にアーアーウーウー声を発するようになります。これを喃語(ナンゴ)と言いますが、これは世界共通の音とも言われています。どの国の赤ちゃん達も同じような音を発するのです。

そこから自分が使う言葉の音を身に付け、それ以外の音は聞き分けできないようになっていきます。

外国語を始めるのは、年齢が低ければ低いほど良いと言われる理由の一つです。


ここ2日間、ちょっと堅苦しい話になってしまいましたが、わかりましたか?
ママの英語嫌いのせいで、子供の可能性を台無しにしてはいけませんよexclamation×2


↓ポチッとお願いします m(_ _)m
blog ranking.gif
posted by ピカピカママ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 乳幼児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

子供の聞き取る力

子供はなぜ大人より綺麗な発音ができると思いますか?

それは、聞き取りができているからです。

「LとRが聞き取れない日本人」とよく言われます。
それは、日本語には「L」の「ル」も「R」の「ル」も「る」という音一つでしか存在しないからです。

わかりやすく言うと、「L」の「ル」は最後に舌を前歯の裏に付けて終わるのに対し、「R」の「ル」は最後に舌を奥に引っ込めて(巻き舌の状態で)終わります。やってみて下さい。「L」の方が日本語に近くて、「R」の音は日本語にはないのがわかると思います。

つまり、大人は日本語にはない音を聞いたとき、日本語に一番近い音で認識するしかないんです。

でも発育の盛んなやわらか〜い頭を持った子供達は聞き分けることができるのですわーい(嬉しい顔)
聞き取れればあとは真似するだけですから、きれいに発音できちゃうんですキスマーク
すごいですね子供ってぴかぴか(新しい)


↓ポチッとお願いします m(_ _)m
blog ranking.gif
posted by ピカピカママ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳幼児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。