2008年08月02日

英語教育の目的

英語育児をするために、英語が苦手なママも、英語の勉強を一生懸命やっている方は多いと思います。

でも、一生懸命になるあまり、親子で英語を勉強する目的を見失ってませんか?

英語だって日本語だって、言語は所詮コミュニケーションの道具でしかないのです。

英語を身につけることばかり考えて、その先のそれぞれの夢というかビジョンというか・・・

子供がまだ夢など語れない年齢だったら、とりあえずは親の思い描く夢でもいいと思います。
こんな大人になってほしいなぁって感じで。

それを見失って英語習得だけを目的にしてると、行き詰っちゃうと思うんです。

アメリカで留学した友達を見ていると、2パターンあります。

語学学校に通っていた子と、何かやりたいことがあって専門分野に進んだ子です。

両者は帰国後すごーく大きな差が生まれていました。

英語習得を目的とすると、なぜか英語が伸びないんです。

専門分野(その友達のひとりはダンスでした)に進んだ友達は、大好きなことを極めたいがために、英語を必死に身につけたと言っていました。

何となくおわかりですか?

英語習得の先にあるものを意識した方が継続できるし、何よりも近道なのではないでしょうか。


↓↓ぴかぴか(新しい)ご協力お願いしますぴかぴか(新しい)↓↓
blog ranking.gif にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
posted by ピカピカママ at 05:27| Comment(4) | TrackBack(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

ムコ多糖症

この病気を、できるだけ多くの方に知っていただきたいと思い、
私のお気に入りブログ「子育てって大変!!!」のゆきがっせんさんから、バトンを受け取りました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【ムコ多糖症】って病気を知ってますか???
この病気は人間の中でも小さい子達に見られる病気です。
しかし、この《ムコ多糖症》と言う病気はあまり世間で知られて
いません。
(日本では300人位発病)
  つまり社会的認知度が低い為に今厚生省や
その他製薬会社が様々な理由を付けて、
もっとも安全な投薬治療をする為の薬の許可をだしてくれません。
《ムコ多糖症》は日々病状が悪くなる病気で、
発祥すると殆どの人が10〜15歳で亡くなります。
8月7日「SCHOOL OF LOCK」というラジオ番組で
湘南乃風の若旦那が語ってから私達に出来ることを考えました。
それで思いついたのがこのバトンという方法です。
この子達を救う為に私達ができる事は、
この病気を多くの社会人に知ってもらって
早く薬が許可されるよう努力する事だと思います。
みなさん協力お願いします。

[ムコ多糖症]  
ムコ多糖を分解する酵素が先天的に欠損している為、
体内に蓄積することで様々な異常が引き起こされる病気。
多くの場合、身体や精神の発達遅滞、骨の変形、水頭症なども伴う。
重症の場合は成人前に死亡する。
今のところ有効な治療法が無いので、
骨髄移植や遺伝子治療の臨床成果が待たれる病気の1つである。
http://www.muconet.jp/

★この本文を 日記に貼り付けてください。
※私達が何か力になれば・・・とバトンを手渡ししてます。

       お時間のある方は御願いします。
家庭や職場でも話題に上げて頂けると更に広がって行くと思います。
 
  よろしくお願いいたします m(_ _)m

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ラベル:ムコ多糖症
posted by ピカピカママ at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。